2019.1.17(木)山形県留学生就職促進コンソーシアムシンポジウムが開催されました

       

山形国際ホテルにて開催され、県内企業を中心に44社が参加しました。

第1部では基調講演としてジェトロ山形貿易センター所長の神野達雄氏から「高度外国人材に関する最新動向と課題」について講演をいただきました。またプログラム担当教員がプログラムの概要説明を行い、スズキハイテック株式会社社長の鈴木一徳氏より「協力企業等連絡会に期待すること」と題し講演をいただき、「協力企業等連絡会を発足することで、留学生採用企業を拡大し、留学生の県内就職の選択肢を広げ、更に各企業間での連携を図り、留学生が定着することを期待したい。」との言葉をいただきました。

第2部では元キヤノン常務執行役の景山幸郞氏より「グローバル・地域企業における外国人材活用の実例、ポイント」について講演いただきました。最後に日本企業で働いているOB3名と山形大学に在籍している留学生3名、実際に留学生を採用している企業等を交えて、「日本・地域企業就職への課題、期待すること」をテーマにパネルディスカッションを行いました。