2019.5.18(土)留学生就職促進プログラム開講式・懇親会が行われました

       

5月18日(土)今年度の留学生就職促進プログラム開講式と懇親会が行われました。

今年度の4月入学の新規学生は米沢キャンパス11名、飯田キャンパス2名、小白川キャンパス5名、東北公益文科大学1名の計19名です。

開講式では、受講生代表挨拶として、山形大学大学院社会文化システム研究科博士前期2年の程黙さんが「限られた時間を無駄にせず、プログラムを通して日本での就職に必要となる知識や実践力を身につけ、日本で働くという夢を実現させたい。」と抱負を語りました。

代表挨拶をする程さん
新規学生の紹介
全員での記念撮影

カフェ吾妻で開かれた懇談会では、継続学生役20名も参加し、ひとりひとりが自己紹介を行い、交流を深めました。

会の最後には、張嘉祥さんに音頭役を務めてもらい、一本締めをしました。留学生の皆さんにとっては初めての一本締めとなったようでした。EPPYの活動の様々な場面で、日本の文化にも触れる機会をたくさん作っていきたいと思います。

今年度もEPPYの学生一人一人が望んでいる未来を切り開けるよう全力で支援していきます!

ボリビア、中国からの留学生
ケオターヴォンさん、程さん、劉さん
自己紹介を聞くメンバー
張さん、胡さん、甘さん